HOME >企業 経営者の皆様 >経営コンサルティング

経営コンサルティング 概 要

企業の業績向上のためには、まず、ドンブリ勘定による経営からの脱却にあります。そのためには計画に基づいた企業経営が必要です。

経営計画のプロセスは、経営計画を作成し、その計画通りに実行し、そして、その実績と当初の計画とに差異があれば、それを分析・吟味し、その原因を つきとめ、次の計画に反映させることです。経営計画のプロセスは、計画⇒実施⇒評価 というプロセスを繰り返すことです。

経営計画

経営計画

経営計画には、長期の計画と短期の計画があります。


長期計画の対象


長期計画は、3年ないし5年の期間の計画で、企業の革新と統合のための総合計画です。長期計画は長期戦略計画と中期計画からなっています。
長期戦略計画とは,企業の目標の変化,製品構成の変化などの製品市場戦略の変化,競争力強化のための設備投資などの構造変化を内容とします。 長期戦略計画は設備投資や人的能力や構造やシステムの変化などを指し,環境に合わせて,それを利用するために,企業の方向を大きくかえる計画であり,企業 の業績に大きな影響を与えます。その計画期間は5年ないし10年にわたることが多いです。
中期計画は, 製品別にたてられ, 先ず2年ないし3年にわたる販売,生産計画,販売能力,生産能力など能力構造の計画の必要を明らかにするためのものです。


長期計画の目標設定のプロセス


長期計画の目標の設定には、消費市場などの環境分析を行い、自社の強みと弱みを明らかにしたうえで、目標水準を決めま す。次に自社の現状のままの将来予測をし、目標水準を達成できるか否かを確認します。達成できない場合には、新規事業への参入や新製品開発や合理化などの 方策を検討します。


短期利益計画と予算編成


短期利益計画と密接な関係にあるものとして予算編成があります。 企業は利益を獲得するために,長期経営計画にもとづき,短期(すなわち翌年度)の利益計画を策定し,その利益計画に基づいた予算を編成し、その予算にした がって利益を統制することになります。

短期利益計画のプロセス


短期利益計画のプロセスは、目標利益を設定し、目標利益獲得のための売り上げ目標を決定し、それに基づいた損益予算を設定します。


見積り財務諸表の作成やキュッシュフローの予測など経営計画策定のためのお手伝いをいたしますので、お気軽になん でもご相談下さい。

問い合わせ